【映画】『モンスターズ・ユニバーシティ』をレビューしました!

NO IMAGE

モンスターズ・インクの続編、モンスターズ・ユニバーシティである。インクという目玉のモンスターになにゆえともなく、愛着と親しみがある。亀のモンスターであることから、派生してかパイレーツ・オブ・カリビアンという映画では、口の中いっぱいに亀を詰め込んでは吹き出しているシーンが衝撃的だった。売れなくなったバンドのギターが普通の陸ガメを被っては珍妙な生き物となっていたり、ペットショップの亀がオムツをして闊歩し介護に貢献していると述べていたりで、亀の様相というものに幾つかの動向が伺える。スガ・シカオのPVでオムツ動物たちが、介護に貢献するのは動物だけの話であることを強調している。生きているがごとく動くインクとサリーちゃんのアニメは何度見ても感動する。普段はぬいぐるみのインクと一緒だからだと思う。

 

前作(モンスターズインク)が大好きで、とても面白かっただけに、なんとなく抑揚のないストーリーに感じてしまいました。
ヴィジュアルは前作同様抜群に良いんですが、とにかく盛り上がりに欠ける映画という感じでした。
ディズニー映画はヴィジュアルがとても大事なので、ヴィジュアルがよければまったく問題ないとも言えますが・・・。
また私自身の勝手なイメージではありますが、ディズニーの映画はオーバーな悪役がいつも登場してくるイメージでしたが、この作品には悪役が出てきません。すべてのキャラクターがユニークかつ良いキャラクターで、映画を見終わったあとにも全く嫌な印象は受けないので、すべてのキャラクターのグッズを購入したくなってしまいます。

 

モンスターズ・インクが好きだったので続編も迷わず見ることにしました。
続編と言っても前作のさらに前の時代の話で、サリーとマイクの出会いについて描かれた、ファンにはたまらない作品でした。
とても仲良しの二人が出会った頃は全く仲良くなく、あんなに優しいサリーが昔は嫌な奴だったことに驚きましたが、そこから何が起こったのか楽しみになる設定です。
底抜けに明るいキャラクターのマイクも、人にバカにされ悔しい思いをした過去がありました。
ライバルのランドールもはじめはマイクの親友として登場したりと、おなじみのキャラクターたちの過去を知れてわくわくします。
モンスターズ・インクは単体でも十分楽しめる作品なのですが、モンスターズ・ユニバーシティを見ることでより魅力的に思えること間違いなしです!

 

モンスターズユニバーシティはディズニーピクサーの映画でモンスターズインクの続編です。一作目のモンスターズインクでは会社の中のサリーとマイクが描かれていましたが、モンスターズユニバーシティでは会社に入る前の大学時代のサリーとマイクが描かれています。サリーとマイクは怖がらせ屋になることが夢で大学に入ります。しかしサリーは家柄と自分の恐ろしい見た目に慢心して努力を怠ります。逆にマイクは誰よりも努力していますが、見た目が怖くありません。そんな2人が互いにぶつかり合いながら成長していく姿をこの作品は描いています。この作品はモンスターズインクシリーズの2作目ですが、この作品だけを見ても充分に楽しめるのではないかと思います。

 

主人公マイク、サリーの学生時代の生活が描かれた青春映画でした。お馴染みのキャラクター達も出演しており、懐かしい気持ちになりました。学園生活の描かれ方も、楽しいだけではなく、難しい勉強や大変な実習や、厳しい教員の授業など、現役の学生が見ても、既に社会人の大人が見ても、「あるある!」と共感せざるを得ないシーンがたくさんありました。幼い子供が観ても、楽しめる内容だと感じました。また、楽しい学園生活の一方、派閥や、いじめの描写があり、どの国でも、いじめ等はなくならず、いつの時代でも起こりえることなのだな。と考えさせられました。制作会社がアメリカなので、考え方や派閥問題の描き方は、ややアメリカ風だなと感じましたが、ほど全世界共通の課題と感じました。人に優しくなりたいものだと見た後は思ったものです。

 

モンスターズインクのコンビがどうして二人で会い、コンビとして活躍するようになったのかが分かる物語なのですが、ユニバーシティに登場するサリーは最初感じが悪いです。
血筋的に活躍が期待されている存在のサリーはちょっと鼻にかかっていて、何だこいつって思ってしまいます。
一方でこの物語の主人公・マイクは昔から努力を重ねた真面目な学生。
ひたむきに研究し学ぶ姿勢は素晴らしいのですが、実力が全く伴っていない残念系です。
正反対な二人だけど、物語を通して協力関係になっていきます。
そして、二人の周りにいるダメな落ちこぼれ生徒として指を刺されていた学生たちもどんどん実力を磨いていきます。
恥ずかしがり屋のスクイシーとか、社会人学生のドンとか、魅力的なキャラクターがいっぱいです。
サリーとマイクだけでなく、その周りのキャラクターたちがどうなっていくのかが見どころだと思います。

 

前作のモンスターズインクが好きだったので期待度は高かったです。続編ではありますが、実はサリーとマイクの大学時代の話で、しかもサリーとマイクの関係が逆というか、性格が全く違うので始まりから面白く感じました。優等生でエリートモンスターのサリー、才能はないが努力家のマイクが最初はいがみ合っていたのに、2人で落ちこぼれのレッテルを貼られてしまうというシーンは、この2人がモンスターズインクで相棒として活躍する土台になったのかなと思って、2人で助け合う姿に感動しました。前作で嫌なやつだったランドールも今作では少し違って、初めは気さくでいいやつでしたが、学校の競技でサリーに負けて、そこから闘争心を燃やし始めています。この作品を見てから前作のモンスターズインクをまた見ると、一層楽しめました。

 

この作品で心に残ったことは、マイクの努力する姿勢です。むいてないと言われても、叶えたい夢の実現のために人一倍努力する。そんな言動に胸をうたれました。また、どんなに努力しても叶わないこともあるという社会における厳しさも子供に感じさせる内容になっていて、それはそれで面白いと思いました。ひとりじゃなし得なかったことも、サリーと力をあわせて行えば夢は叶う様子も描かれているので、作戦を変更する機転の大切さや、人と協力することの尊さも感じられました。社会にでればいろんな人間がいて、その人と協調したり助け合ったりして生きているということを、子供に教えるいい映画だと思いました。映像もきれいで、テンポもよく、大人も子供も楽しめる内容だと感じます。

 

怖がらせ屋を夢見るマイクが、ひたむきで一生懸命で、すごく応援したくなりました。見た目が可愛いということで怖がらせ屋には向いてないと、周りにバカにされながらも負けずに努力しつづける姿がすごくよかったです。一方、サリーは恵まれた容姿で怖がらせ屋にはぴったり。パート1ではすごくいいコンビだったサリーとマイクが、こんな出会い方をしていたのかと驚きましたが、対立しあっていた2人にだんだん友情が芽生えていく様子に心が温かくなりました。それに、マイクが周りからバカにされ続けても、ウーズマ・カッパ のメンバーたちが側に居続けてくれた友情もすごく良かったです。ウーズマ・カッパ のメンバーたちのことをマイクは少し下に見ていた時もありましたが、あのメンバーだから頑張れたんだろうなと思うと、いいチームに恵まれたなぁと思いました。

 

モンスターズ・インクの続編ではあるものの、時系列としては、モンスターズ・ユニバーシティということで、マイクとジェームズ・サリバンの学生時代が題材となります。
アメリカの大学生活のように、スクールカーストのようなものが垣間見えるのがシュールです。マイクは、小さい時から学校生活にあこがれを抱いていましたが、座学は良いものの実技になると全くダメで、周囲にバカにされてしまうところなどは少し切なくなります。一方で、サリバンはやる気はないものの持っている才能だけ満足しており、それを持て余しているため、マイクのような存在がお互いに強み・弱みを補ってよいコンビになるのだと感じました。
コンペティションでは、不正をして学校を追い出されてしまうところなどは、少しハッピーエンドではありませんが、それでもモンスターズ・インクに就職して活躍することは知っているので、安心して見ることができました。子供はもちろん、大人でも楽しむことができるアニメだと思います。