【映画】『ファインディング・ドリー』をレビューしました!

NO IMAGE

ドリーはなぜ文字が読めて クジラ語が話せるのか、前作の続きでありアナザーストーリーです。ドリーのすぐに何かを忘れてしまう個性についても注目されています。ドリーの両親、生まれた環境で今の愛くるしいドリーが誕生したんだなと分かります。新しいキャラクターも出てきて前作並みに面白いのですが、私は八代亜紀さんがインパクト強すぎて内容が薄いイメージなんです。本人役で 八代亜紀ですってセリフもあるのですが現実に似てる非現実がディズニーの世界のいい所なのに実在する人間とのコラボはあまり私には受け入れることが出来ませんでした。他は非常に良かったです。
シロイルカとエコーロケーションなんて水族館好きにはたまらないワードが出てきたりと前作同様に楽しめました。

 

ファインディング・ニモに続いて、ファインディング・ドリーも非常に楽しかったです。忘れっぽいドリーが、身に起きたことを忘れながら海の中を冒険するという、斬新な興味惹かれるシチュエーションがすごく面白く、最後の車のシーンも迫力ある素晴らしいシーンだなと思いました。さらに、一人一人のキャラクターが可愛く描かれていて、ニモの子供っぽい感じやドリーののほほんとした感じが、映画内で行う行動にマッチしていて映画中もすごく見入ってました。また、私は最後らへんの水族館でドリーが駆け回るシーンがとても好きで、試行錯誤を繰り返しながら色々な困難を乗り切る白熱した姿を、緊張しながら見ている自分がいました。新しいニモやドリーの作品がでたらまた見たいです。

 

前作である「ファインディング・ニモ」では、主人公のニモを探す父親マーリンを明るくおとぼけな性格で支えるキャラクターとして扱われていたドリーが主人公になる、という第2弾の今作には失礼ながら最初は前作ほどの期待感はなかった。主人公の周りのキャラクターを主役に持ってくるスピンアウト作品は、往々にして第1弾のおまけのようなものが多いからだ。
しかし前作では少なかったニモとマーリンの親子の掛け合いや、困難を乗り越えた後の逞しく成長したニモの姿など、ファンとしてはとても嬉しいシーンが多くちりばめられていて終始視聴していてとても楽しかった。
また、日本語吹き替え版では俳優の上川隆也さんが新キャラクターの声を担当しているのだが、このキャラクターがとても愛着のある魅力的な存在となっているのでより一層物語に引き込まれる要素となっている。
今作品を観ることで前作はドリーのキャラクター像を少し誤解していたなぁと感じる部分もある。天然でおとぼけなだけではない、真摯で優しい一面が彼女の本当の魅力なのだと知ることが出来る良い映画だと思う。

 

あのすぐに忘れてしまうドリーが
両親のことを思い出したことにびっくりしました。
両親に再会するために冒険に行って、
昔に仲良かったデスティニーにクジラ語でお話をするところは面白かったです。
前作でもクジラ語が出ましたがその時も笑いました。
ハンクとドリーの関係性もすごく好きです。
最初ハンクにとってドリーはタグをもらうためにいるだけという感じだったのですが
だんだんとドリーと冒険していくうちにドリーのことが
気になっていっている感じがしました。
助け合っていてとても良かったです。
最終的に両親に出会うことができたドリーに感動したのと良かったという思いです。
両親がドリーがわかるように貝殻を置いていたのが帰ってきてほしかったんだなと思いました。
マーリン・ニモ・ドリー・ドリーの両親と一緒にいたのがとってもよかったです。

 

普段はあまりディズニー作品は見ない私ですが映画「ファインティング・ニモ」が面白かったので「ファイティング・ドリー」も見る事にしました。ドリーの声は大好きな室井滋さん。ニモの家族と仲良く幸せに過ごしていたドリーがうっかり一人ぼっちになってしまい大冒険をする物語です。忘れっぽいドリーは戻り方を聞く前に遊んでしまったりお喋りに夢中になってどんどん迷い込んでしまう。なんか、本当の室井滋さんぽくて面白いんですよね。忘れないように、忘れないようにと言い聞かせてニモ一家の元に帰れたドリーが言った一言。「絶対、忘れない」が印象的なセリフでした。海の生き物を通して自然の大切さや友情、仲間の良さを伝えてくれているんだろうなと実感できる作品でした。

 

ファインディングニモで重要な脇役であったドリー。モデルになった魚には申し訳ないのですが、その記憶を忘れてしまうという想像もつかない、ある意味で強烈な個性を持つドリーは、ストリーリー上、重要なキャラクターでした。しかし、疑問も残りました。あれ程記憶をなくしてしまうドリーが、それまでどんなふうに生活して生きてきたのか、という点です。それはこのファインディングドリーで明らかになりました。相変わらず忘れてしまうドリーが、微かな記憶を頼りに、その生い立ち、両親を探していくストーリーは、次第に知らず知らずのうちに魅了され、見入ってしまいます。幼少の頃の可愛いドリーが、両親と生き別れになった理由などが明らかとなります。そして感動的な再会は、感動し非常に気分の良くなるエンディングでした。

 

ドリーの親探しの旅では、いろんなキャラクターが出てきて面白かったです。
タコとのやり取りはかなり面白かったです。
それに私的には、子供の頃の小さいドリーはメチャクチャかわいかったです。
はっきりいって、かなりのお騒がせキャラだったドリーですが、今回の映画では、その特徴でもあるすぐに忘れてしまうと言うのがどれ程大変だったかがえがかれていて、本当に大変だったんだなとかわいそうになりました。
でも、持ち前の明るい性格が周りのみんなを幸せにしているんだなと感じた映画でした。
この映画にも、ニモなども出ていましたが、ドリーがどれだけニモたちが好きなのかが改めてわかったように思います。
おとうさんやおかあさんと再会できたのは本当に良かったなと思いました。

 

ファインディングニモの時から好きだったドリーが主役になっていてとても見たかったを覚えています。すぐ映画館は見に行きました。
この映画は両親を探す旅の映画ですが、物忘れの激しいドリーがどんどん思い出す姿にずっと応援していました。
最後両親もずっと探してくれてたのを知ったときは泣いてしまいました。
私がファインディング・ドリーで一番好きなキャラクターはタコのハンクです。
ドリーが両親を探す事になり、その途中で出会うのがハンクです。
口は悪く、不器用ですがとても優しいところが好きです。
その他にもジンベイザメのディスティニーも人気のキャラクターだと思います。ディスティニーはとても視力が弱く、すぐ壁にぶつかってしまうところが可愛いです。

 

「ファインディング・ドリー」に出てくるキャラクターは、みんな何かしらの問題を持っています。
前作の主人公とも言えるニモは、片手が生まれつき小さくて、泳ぐことが苦手です。
今作の主人公、ドリーは長く記憶を維持していられません。
だから忘れっぽくてすぐさっきのことも忘れてしまいます。
それが良さでもあり、今回の物語のカギともなっています。
忘れていたドリーの両親を探す旅の途中、足が一本少ないタコや、近視のジンベイザメなど個性豊かなキャラクターがいます。
みんな問題を抱えていても、それを気にせず前向きに捉えて過ごしているところも、この物語の特徴かなと思っています。
ニモの父親であるマーリンも心配性が過ぎるぶぶんがあるので、完ぺきな人なんていないってことを痛感します。

 

ファインディングドリーの主人公のドリーは物忘れがやや激しく、最初は少しおっちょこちょいなのかなと感じながら視聴していました。
そこから海の中を迷ってしまって海洋研究所なるところにたどり着き、一旦両親とは離ればなれになってしまいます。
その後仲間たちとお互いに助け合いながら海洋研究所から無事に元の海に戻ることができ、諦めかけていた両親との再開をも果たすことになります。
後日談ですが、ドリーの物語はひとつの障害をテーマにして作られていると言うことを聞きまして、よりいっそう心が温かくなるような感想を抱きました。
ディズニー作品はどれもメッセージ性が強い作品が多い印象ですが、作品の世界観を崩すことなく伝えることは伝えるディズニーに感銘を受けました。