【映画】『カーズ/クロスロード』をレビューしました!

NO IMAGE

1作目の『カーズ』は字幕版を観るために隣県まで遠征したのに、今回は隣県も吹替・・・メーターの声がこんなにもキャラに合わないのかと残念でなりません(顔からすれば柳沢慎吾)。しかもドック演ずる故ポール・ニューマンの肉声を聞くことができない。

数々のタイトルをモノにしていたベテラン・レーサーのライトニング・マックィーンは新世代ルーキーのジャクソン・ストームに敗れ、生意気な彼をライバル視するようになるが、シーズン中はストームの連戦連勝。新世代レーサーが次々と現れると同時に旧世代レーサーも次々に引退や解雇され、焦ったマックイーンはシーズン最終戦で無謀な走りを続けたため大クラッシュ事故を起こしてしまう。

今や故郷となっていたラジエーター・スプリングスを訪れ、親友のメーターやガールフレンドのサリーから励まされ、次期シーズンのため再起を誓う。自身のスポンサー“ラスティーズ”が大金持ちのスターリングに売却され、その新世代のハイテク施設へと特訓の場を移す。そこでクルーズ・ラミレスというトレーナーがつき、マックィーンの大ファンだったからレーサーを夢見ていたことも明かされる。シミュレーション特訓、砂浜での特訓(ロッキー3かと思ったよ)、場末のデモリション・ダービーに出場、ドックの師匠スモーキーなどのレジェンド達に助言してもらったり・・・マックィーンとともにクルーズも自信をつけてゆく。

人生の岐路(クロスロード)に立たされたマックィーンは果たして・・・引退か続行か。とにかく新シーズン初戦で勝たなければ引退なのだが・・・というハラハラする展開の中で彼の選んだのは意外な交代劇。こんな人生の機微に触れる流れをお子様は楽しめるのかどうかは心配ですが、短命なアスリートや引退間近のサラリーマンにとっては思わず引き込まれる重厚な作品になっています。

 

カーズシリーズ3作の中で、何度も繰り返し見たくなる爽快感があるのが、クロスロードだと思っています。
3作どれも面白いのですが、クロスロードは3作目なので、初作から経った時間の分、物語に深みが出ています。

私は、砂の上で、マックイーンとラミレスが並走する(できないけど)シーンが好きです。
トレーナーであるラミレスが不得意な分野を、レーサーとしての経験が豊富なマックイーンがサポートする…
立場が逆転したようで、でもどこかあたたかさを感じるシーンです。

ラミレスとマックイーン、二人の関係性が出来上がっていくまでの物語がしっかりとあるので、
最後、ラミレスがレーサー、マックイーンがサポートにまわるという結末にも胸が熱くなりました。

 

大好きなカーズ。初めて観たときは車がしゃべるなんて面白いのかな?というのが正直なところでした。でも子供ができて観てみるとストーリーが面白い。車のエンジンの音やそれぞれのキャラクターと車種が合っていて、それぞれ個性があって大人でも楽しく観ることができました。このクロスロードは3作目ですが、どんどん進化している車を表現しています。レーシングカーとして活躍する最新モデルのジャクソンストームがカッコイイです。エンジン音などもとてもリアルに再現されていて、ワクワクしてしまいます。車好きなら大人でも楽しめます。主人公のマックイーンと、新キャラクターのクルーズ・ラミネスのコンビ、友情も見どころです。思いやり、優しさが迫力あるアクションの中にも伝わる作品なのでぜひ観てほしいです。

 

カーズ・クロスロードはマックイーンの挫折と再起についての映画です。少し大人向けなのかなと思います。一緒に再起の旅に出たクルーズラミレスが自分の夢を取り戻すところ、それを理解するマックイーン。二人の時間のなかに信頼関係が生まれたからこそ、最後のレースでマックイーンがクルーズラミレスにレースを託したんだと思います。「僕がレースを初めて、君が終わらせる」という言葉は、マックイーンの覚悟と、これからの信頼できる若手レーサーに未来を託したいという思いがつまっていたので見ていて泣きそうになりました。最後の、クルーズとマックイーンの立場が逆転したところや、自分の未来を切り開いていくマックイーンとクルーズの姿は、とてもかっこよく、子供たちにぜひ見せたいとおもいました。

 

カーズ1、2に引き続き登場人物は同じく、また新しく出てくる人物も魅力的です。
カーズ1から登場するマックイーンの師匠であるドックハドソンはカーズ3ではもう亡くなってしまい、英雄として語り継がれていました。回想する映像などもまた1から見ているとぐっと感動する部分もありました。
3では時代の流れが顕著に出ていて最新マシーンが勝つという時代になりマックイーンのような車は負けて引退する仲間が多い中マックイーンはスポンサーも変わった環境の中なんとか勝とうと練習して努力していました。この状況はまさに人間社会でもある光景で面白みがあります。
新しいスポンサーのクルーズラミレスという元気なトレーナー係の女の子の存在がまたマックイーンを時代に合ったマシーンへと変えていくとこがまたおもしろいです。
クルーズのリズムよいトレーニングの場面は子供たちも真似するほどに楽しく面白い場面でした。
新時代になったところでマックイーンに勝ち目がなさそうに見えた今回のレースでは、レース終盤にマックイーンからクルーズへ選手交代して走行するという少し無理がある映画だからできるカーズの世界だからできるというような認識でしたが、最終クルーズがドックハドソンと同じ勝ち方で勝利するというところはとても感動しました。大人でも少し涙腺がゆるみました。クロスロードを見るならカーズ1、2を見てからが一番お勧めです。

 

シリーズの2作を子供と一緒に観ていてレース場面などをとても気に入っていたので劇場に家族で観に行きました。マックイーンが段々レースで活躍しにくくなっていく姿に、必ず抜かされる瞬間が訪れることを感じ寂しさのような感情になりました。途中からクルーズラミレスとの特訓が始まり、マックイーンが初めて他の車のサポートをしているシーンを見た気がしました。当たり前ですが人は一人では生きられないという事を車たちの世界でも感じることが出来、想像がしやすかったです。ラストのレースシーンはやはり圧巻でした。それまでのストーリーがあるからこそ映えるシーンだったと思います。マックイーンのその後も少し出てきますが、どこかでレースをしている姿がまたどこかで観たいと思いました。

 

カーズシリーズ3作品目の本作品は、再びカーレースがメインステージで描かれています。擬人化されたマックイーンたち車たちは、技術革新により次第に最新式の車たちに勝てなくなっていくという現実世界と同じような現実を突きつけられることになりました。努力や経験だけでは対抗できないほどの最新式の車たちがマックイーンたちの前に立ちはだかった。そしてともにレースを戦った車たちが引退していく事に。マックイーンも無理をしてクラッシュしてしまう。あのラジエタースプリングに戻って悩み苦しみながらも再び立ち上がる。ここでも大切な勇気や友情などが見事に描かれている。作品に出てくるフロリダ500はインディ500、そもそもマックイーンが出場するレースはNASCARと言ったところがアメリカにモータースポーツが深く根付いていることを示めしていると強く感じました。

 

とにかく世界観が好きになりました。
友人からカーズを勧められていましたが、ディズニーは好きとはいえ車を擬人化しているような内容だったので視聴するまでには少し時間がかかりました。
しかし自宅にディズニーデラックスを見られる環境が整ったため見ることにしてみると自動車の擬人化の枠を越えていて、やみくもに擬人化するのではなくてこの世界観でストーリー性をもたせて視聴者に伝えてくるディズニーはやっぱりすごいと思いました。
個人的には主人公も好きなのですが、レッカー車のキャラクターもいて、とてもユニークなキャラ設定で好きです。
結果としてはカーズ1が個人的には一番好きかもしれません。
やはり2以降を見る前に1を見てからじゃないとストーリーが繋がらないと思いました。

 

今までの「カーズ」作品とは違って、マックイーンが主軸となりながらも「そのキャラクターの未来への道が見えるか見えないか、続編が出るとしたらどういった内容なのか?」

ここが本作品の中で、一番意見が分かれるところだと思います。

個人的にはハドソン・ホーネットからマックイーンへ、マックイーンからクルーズ・ラミレスへと繋がれていく、レーサーとしての思いや心構えなどは十分に未来を期待させてくれる内容だったと思います。

一方でメーターやサリーなどのライジエータースプリングスのメンバーの出番が思ったよりも少なかったのは、少し寂しかったですね。

スピンオフ作品でも構わないので、旧作品に出ていたメンバーとのほのぼのとしたやり取りももう一度見たいなぁ…