【映画】『リメンバー・ミー』をレビューしました!

NO IMAGE

この映画はアメリカ版の声優さんの歌や、メキシコなまりの英語を楽しめるので、是非字幕で見ることをおすすめしたいです。さすがはピスサー、ディズニーのコラボで、絵はもちろんストーリーも完璧にできあがっていてとても面白かったです。メキシコの死者の日を舞台としたこの作品は、絵がとてもカラフルで、メキシコの活気のある情景を思い浮かべられるような作品でした。ミュージシャンを夢見るミゲルのわんぱくで、冒険心のある正確には心躍りましたし、死者の国から現世に帰るために奮闘するへクターとの逃走劇も楽しかったです。なんといってもそのへクターが自分のひいおじいちゃんだとわかり、二人で歌うシーンは感動的です。ママ・ココがお父さんであるへクターを想い、焦がれるシーンも涙なしには見られませんでした。

 

知人に勧められてDVDを借りて観ました。
DVDのパッケージには不気味な骸骨も映っているし、どんなストーリーかが予想できなかったのもあり、あまり期待せずに見たのですが、、見事に裏切られました。
あまり映画などで泣いたりしないタイプですが、最後のシーンを見終わったときには涙がこぼれてました。

家族や恋人、心許せる大切な人を想うこと、想われることはこんなにも美しいことだと、忘れていた気持ちを思い出させられました。
逆に、誰にも想い出されない人生は切なく、人と人との関わりを大切にしていきたいと思いました。

大切な人と一緒にいること、そこに音楽が流れるだけで、何気ない一日が幸せな毎日を創るのだと思います。

この映画の内容や感じたことはこれかも思い出すと思います!リメンバーリメンバーミー!!

 

おばあちゃんに大切にしていたギターを壊されてしまっておばあちゃん止めてと思いました。チャンスを掴むためにどうしてもギターがほしくて行動に移していたところは良いですが、ひいおじいちゃんの家に勝手に侵入してしまってそこから透明人間になってしまって世界が変わってしまって面白くなりました。犬には見えているのに魂だけ話が出来ている不思議な感じでした。凄く素敵な死の世界で、亡くなってしまっても、家族は家族なんだなと思いました。温かい家族の映画なんだなと思いました。向こうの世界にもルールがあって端に渡るには条件が必要なようでした。魂をしっかりと成仏させるには色んなことをしないといけないようで親族の絆のようなところも見ることが出来て温かい家族を見ることが出来ました。

 

明るい音楽が散りばめられていて、楽しいアニメ映画かな?と思っていたら、結構ドロドロな部分があったり、感動する部分があったり、考えさせられることもたくさんある映画でした!仲間の裏切り、家族への思い違い、死んだ人との繋がりなど、結構重いテーマも入っていて、大切な人との別れや苦しかった人間関係のいざこざを思い出しながら見ていました。主人公のミゲルが、家族を大切に思いながらも自分の大好きな音楽を諦められないところ、ずっと憧れていた人が実は悪い人だったと知り今までの自分に嫌悪感をかんじたりするところが、普通に過ごしている私たちもぶつかる壁だったりするので、ミゲルの自分を信じて突き進むところ、家族を大切に思いながらも自分の信念を曲げないところ、最後は周りを笑顔にできるところを私も真似できたらいいなと思いました。
私が好きなシーンは2つあります。1つは、今まで隠れてしか大好きな音楽をできなかったミゲルが、死者の世界でベクターに背中を押され立ったステージで、とっても楽しそうに歌うシーンです。今まで抑えていたものが爆発したかのように歌うシーンは、人の好きを否定することはいけないことだと改めて教えてくれたシーンです。たくさんの観客の心を動かすのは、うまさだけでなく音楽を愛し、心から楽しむことなのかなとおもいました。もう1つのシーンは、ベクターが本当のおじいちゃんだと知り、「ベクターが僕のおじいちゃんでよかった」というシーンです。それまで、おじいちゃんだと信じ憧れていた人が、自分の欲望のために仲間を裏切り殺してしまうような人だと知り、ひどく落ち込んでいた時に
今まで、家族にもう一度会うために頑張っていて、ミゲルを助けてくれていたベクターが本当のおじいちゃんだったとしり、安堵のような優しい顔で抱き合うシーンは、「よかったね!ミゲル!」と親心のような気持ちで見ていました。
私もいつか死んでしまった時、アーネスト・デ・ラ・クルーズのように、忘れたいと思われる人ではなく、ベクターのように何年たっても何代たっても語り継がれ、記憶に残れる人になりたいと思

 

 

 

リメンバーミーは、音楽の素晴らしさを改めて感じることができる作品になっていると思います。好きなシーンは、主人公がはじめて歌を歌うシーンです。ステージ上で、多くの人の前で歌って、とても気持ちよさそうです。
それから、ずっと案内していた人が、自分の先祖であることが分かった瞬間もとても印象的なシーンです。

全体を通して、歌を歌っているところがとても心に響いてきます。

そして同時に家族の絆を感じることができる作品になっていると思います。家族に写真を飾ってもらえないで、忘れられていくとあの世からも消えてしまう。そして、家族に思い出してもらう。とても家族の絆は大事だなと感じる作品になっています。

また死者の世界も面白く描かれていると思います。

明るい音楽も魅力的ですし、カラフルな世界観も圧倒される映画でした。
死者の世界って、日本だと暗いイメージもありますが、メキシコだとカラフルな世界観なんだなと感じました。
死ぬことって怖くないような気がします。
でも、明るい死者の国でも怖いものはあります。
それは、生きている人が死んだ人のことを忘れること。
忘れ去られた死者は死者の国でも生きていくことができないので、いつの間にかすっと消えてしまいます。
名のある有名人であれば、いつまでたっても思い出してもらえるけれど、誰も思い出さないような一般人では、いつかは消え去ってしまうことが定めです。
この映画を観終わった時に、亡くなった家族のことをすごく思い浮かべてしまいました。
そして同時に、天国で見守ってくれているのだという気持ちになりました。
家族の愛を思い出させてくれる心暖かい物語です。

 

初めて見たときは、やたら家族、家族と言うフレーズが多くて、ミゲルでなくても嫌になるよなと思っていました。
しかし、見ていくうちに家族の大切さややたらと家族、家族といっている理由が分かるようなストーリー展開です。
最後には、本当に良かったよなと思いながら終われる展開だったので、良かったです。
しかし、ヘクターと実は家族だったというストーリー展開とは途中まで気づきませんでした。
忘れられないシーンと言うかかわいそうだと思ったのは、音楽好きがバレておばあちゃんにギターを壊されるシーン。
かなり衝撃でした。
そこまでするかなと思いました。
あれから、仲直りできるのが映画だよねとも感じました。
かなりきついおばあちゃんに衝撃をうけた映画です。

 

年に一度の「死者の日」には、生者と死者が繋がるという、お盆のような風習が好きです。このお話の中で、とても印象的だったのは、死者の世界では、生者の国の祭壇に写真が飾られなくなる、つまり忘れられてしまうと、死者の国から出られないという所です。
主人公ミゲルが、本当は音楽が大好きでギターが弾きたくてたまらないのに、エレナおばあちゃんに強く反対されていて、可愛そうでした。音楽を禁止にするだなんて聞いたことがありません。しかし、それには理由があり、また誤解もありました。ミゲルがあることをきっかけに死者の国へ迷いこんでしまうことで、ミゲル家で音楽が禁止になった理由と大きな誤解を解き明かすことになりました。有名なギタリストのデラクルスがミゲルの高祖父であるヘクターを毒殺したことにはびっくりしました。

 

まず音楽が素晴らしいです。リメンバーミー、お別れだけど、リメンバーミー…と映画を観た後は自然に口ずさんでしまいました。
主人公のミゲルが理由がわからないままま家族から音楽を反対され、迷い込んだ死者の国で自分の先祖の過去を知り、自分と向き合って成長していく様子にも感動しました。生きている人たちが死んだ人の写真を飾ってあげないと、死んだ人は永遠に消えてしまうというストーリーも良くできていると思いました。このリメンバーミーはメキシコの風習がバックグラウンドになっていますが、日本にも同様にお盆があります。お盆では亡くなった人の写真を飾り、お墓に行って故人を偲びます。それがとても大切なことなのだとこの映画は教えてくれました。

 

主人公の音楽家ミゲルが、音楽大嫌いな家族に挟まれながら音楽歌になる物語で、現生と、死者の死後の世界を描いた物語。正直タイトルやパッケージからはそこまで惹かれるような、内容ではなっかたが、ディズニー作ということで、DVD購入して子供と見ました。見ると、ストーリも面白くて、死者の国描写がとてもきれいで、だんだんと惹かれていかれました、テーマの音楽と家族愛が描かれていて、音楽を通して家族の大切さを感じました。ミゲルの歌がとてもよく、ラテン系?の曲など聞いたことはなかったですが、ウンポこロコなどいろんな曲が流れましたが、どれも好きになりました。エンディングのひいひいひいおばあちゃんに歌いかける所など素直に泣けました。