【映画】『トイ・ストーリー4』をレビューしました!

NO IMAGE

シリーズ3作が大好きで何回も見ています。特に3のラストで息をのみ、シリーズは終わったと思っていたので4の公開はとても心待ちにしていて劇場まで見に行きました。
新キャラクターの手作りおもちゃフォーキーが既製品である他のおもちゃ達の佇まいと異なっていて、おもちゃの世界にも色々あるなとつい考えてしまいました。
彼の戸惑いながらおもちゃとしての自覚のようなものが描かれている点が良かったです。個人的にギャビー・ギャビーのストーリーに感情移入しました。ウッディの最終的な決断も意外性があり、今までの持ち主に対する愛とは別の感情を感じ、彼の変化によってシリーズは終わるのだなと予感させてくれました。感慨深い作品でした。

 

 

トイ・ストーリーは過去全作品を鑑賞していたので、新作をとても楽しみにしたいました。やはり、監督が代わるとひと味?違った映画に感じます。トイ・ストーリーはトイ・ストーリーなのですが、ジンとくるシーンとか活躍する人物などが違うとこんな作品になるのかと感激しました。いつものおもちゃたちの活躍というよりは、絞られたおもちゃたちのシーンが多いので、好きなキャラクターがある人には少し、残念な感じになるのかもしれません。過去作品を全部見ていると、トイ・ストーリー4もとても深く観ることができると思います。子供から大人まで、誰か観ても理解出来て楽しい映画だと思いましたが、観る人によって、感じ方が左右する作品だと思いました。

 

トイ・ストーリー1、トイ・ストーリー2、トイ・ストーリー3と過去作品も全てみたのですが、やっぱり最後ということもあり、トイ・ストーリー4が一番感動的な映画だったとおもいました。新しいキャラクタのフォーキーがゴミ箱に何回も戻ろうとするのがおもしろかったです。私はアクション映画が好きなので、一番ハラハラしたシーンは骨董品店でウッディ達がフォーキーを取り返そう必死になっているシーンです。また、一番最後のウッディがファーキーたちとお別れするシーンではすごく感動しました。過去作品(特にトイ・ストーリー1)でいろいろあったバズがウッディにボニーのことは心配しないでと言った時は泣きそうになりました。最後の終わり方はすごく良かったと思うのですが、もうこれが最後だと思うと少し悲しいです。

 

これまでのトイストーリーと違いテイストは大人向けの映画になっています。
おもちゃの存在とは?というウッディー達の存在そのものを問う場面もあり考えさせられます。
ラストは賛否両論あるとは思いますが制作サイドも勇気が必要だったと思いますが、良くやったと思います。
ちなみに自分はウッディー達の決断に賛成派です。あまりにも現実的な選択のため、子供たちにとっては少し悲しい展開かもしれませんね。

 

過去の3作品が大好きだったので、4を見るのは戸惑いました。3まで出していて4を作らなくてもいいのにコケてしまう作品も多いですが、やっぱりトイストーリーは裏切りませんでした。ウッディの持ち主が女の子のボニーに変わって、新しいおもちゃの話だとわかって、それまでのトイストーリーとは違うということを見せつけてくれたような気がします。新しいおもちゃのフォーキーもいいキャラをしていましたが、私はボー・ピープが返ってきたところがとても嬉しかったです。姉御肌のボーが、ウッディを助け、ワンピースにステッキという田舎の娘風の容姿からは想像できないようなアクロバティックな動きがとてもかっこよかったです。ウッディの最後の決断も、バズと別れボーと残ることによって、トイストーリーの変化を感じました。

 

どんどんおもちゃ達が成長をしていました。ボーニーが自分で作ったおもちゃも動き回っていて、なんでも命が出来上がるんだと思いました。アンディーからボーニーになってしまって寂しくなりました。もう少し、アンディーと一緒にいてほしかったなと思います。ゴミでもなんでも、おもちゃには変わらないので子供たちには物は大切にしなさいと言っているようでした。バズも捕まってしまってだいたい誰かに捕まってしまうことが多いです。ですが、バズは自力で逃げだしてしまうのが凄いです。また、ボーが変わってしまって本当のボーではなくなってしまいましたがかっこよくなっていました。でも、ウッディの気持ちは変わっていないようで恋も頑張ってほしいと思いました。

 

トイ・ストーリー3で、アンディからおもちゃを譲り受けたボニーが、なぜか全然ウッディーと遊ばなくなってしまっていて、残念でした。それでもウッディーはボニーを見守り、ボニーが幸せならいいのだという姿勢が健気でした。お試し保育園へ行くボニーのリュックに入り込んだウッディーは、とても優しいなぁと思いました。ボニーが引っ込み思案で誰とも話が出来ずに、やっと作った手作りおもちゃのフォーキーを何とか無くならないよう、ボニーのそばにいられるよう、頑張る姿に少し可愛そうなくらいな気持ちになりました。フォーキー自身は自分のことをゴミだと思いゴミ箱に入ってしまいます。フォーキーを探す旅の途中でまさかボーに出会えると思いませんでした。しかも活発でかっこよかったのでびっくりしました。一度も持ち主に愛された子との無い人形ギャビー・ギャビーとのやり取りは、少し悲しく感じましたが、ウッディーの優しさには感動しました。個人的にはトイ・ストーリーは、3までが秀逸過ぎて、4は創るのが大変だったろうなぁと思います。ウッディーがボーと幸せならそれで良いです。

 

ボニーがウッディだけを邪険にし、自分が作ったフォーキーをとても大事にするところに賛否が分かれているようですが、子育て中の立場の私から見ると違和感なく自然に見られました。子どもが1つのおもちゃに執着したり、1つのおもちゃを急に嫌がって大切にできなくなったりすることがあるからです。大切にできなくなる理由は子どもなりのものがあるのでしょうが、そこはボニー同様子どもなので語ってくれることはありません。
またラストも賛否が分かれるところですが、ウッディが自らが輝ける場所を選択して、ボニーの家に戻らなかったところも私は共感できました。おもちゃは遊んでもらえないところに置いておいても仕方ない、遊んでもらえる場所にあったほうがいいと感じるからです。

 

今回出てきた新キャラクターのフォーキーが子供たちに大人気でした。
とくにウッディとフォーキーがアンティークショップに潜入しボーを探しだそうとするシーンでは、フォーキーのセリフから可愛さが滲み出ており、このシーンに子供達はとても惹きつけられていました。

また同じく新キャラクターのギャビー・ギャビーについても、物語が後半に進むにつれて好感度が上がり、最後には心の底から『ギャビー!がんばれ!』と応援したくなりました。そしてウッディと仲間達の最後のシーンでは涙が止まらなくなりました。バズライトイヤーの魅力的な部分もあの最後のシーンにたくさん詰め込まれていたなぁと思います。今回の作品も心温まる素敵な作品だったと思います。

 

ディズニーアニメと言えばハッピーエンドが当たり前の印象だが、トイストーリー4に関してはハッピーエンドとは言えない。1からずっと一緒だった仲間との分かれ。オモチャの役割、宿命からの卒業。ウッディーが選択した未来は今までの自分を否定するものだった。今回も頑なにオモチャは子供の友達、子供に遊ばれ思い出に残ってこそ意味があると奮闘するが、最後の最後に自分は野良オモチャの道を選んでしまう。それはボーの影響(愛?)なのか、それともボニーの心変わりに対する淋しさ故か。結局はアンディだけがウッディーの全てだったのか。その理由は語られる事も描かれる事も無い。そしてあまりにもアッサリとしたバズとの別れ。1.2.3とあれだけ友情を深めた筈なのにウッディーの選択を話し合う事も反対する事も無い。他のオモチャ達も同じである。これで終わって本当にいいのか?これがラセターの目指したトイストーリーなのだろうか。まだボニー編で色々描く事もできた筈なのに、まるで強制終了のようなストーリーにはどうしても納得いかなかった。